2020年版 世界のワクチン開発の最新動向と将来展望 ~新型コロナウイルスにより必要性がさらに高まるワクチン開発の動向~

2020年版 世界のワクチン開発の最新動向と将来展望
発刊日 2020-08(予定)
体裁 A4
ISBN 未定
発行 株式会社BBブリッジ
販売価格 書籍版:180,000円(税別)
PDF版:198,000円(税別)
書籍+PDF版:210,000円(税別)
備考

レポートの詳細

 現在、新型コロナウイルスの猛威により、予防用ワクチンの開発に注目が集まっています。予防用ワクチンはインフルエンザなどで既に広く利用されています。近年ではRSウイルスやノロウイスルなど今までワクチンが実用化されていなかった感染症に対する開発が積極的に進められています。製造技術についても鶏卵から細胞を用いた培養法へシフトするなど、新規技術開発多く取り入れられています。

 ワクチンの開発や製造は、通常の医薬品とは大きく異なります。開発においては、変異株への対応や適切なアジュバントの利用などを考慮する必要があります。また、製造においてはバイオ医薬品に近い技術が必要であり、鶏卵から開発・製造スピードの速い組換えタンパク質を用いたワクチンの製造技術などが注目されています。

 ライフサイエンス・メディカル分野のリサーチ・コンサルティングを専門に行う㈱BBブリッジでは、2015年に「世界の予防用ワクチン・予防薬開発の最新動向と将来展望」を発刊しました。今回は最新の情報をまとめた更新版のレポートを作成します。本レポートが医薬品開発、科学技術・医療政策の策定に関わる方々にご活用いただければ幸いです。

目次(案)

総合考察
第1章 ワクチンの概要
第2章 ワクチンの最新開発動向
第3章 ワクチンの製造技術に関する動向
第4章 ワクチンに関するビジネス・市場動向
第5章 ワクチンを開発している世界の企業の動向

お問い合わせ先

株式会社BBブリッジ
〒105-0001
東京都港区虎ノ門5丁目11-15
虎ノ門KTビル3F
E-mail:info@bb-bridge.co.jp

インターネットでのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ

03-6721-5529

電話受付:平日10時~18時